2日でドローン KDFA



会社概要

DPCA認定 DRONEフライトオペレータースクール

レベル4を見据えた先進的なカリキュラムを採用!

DRONE LOGO  (一社)地域再生・ドローン利活用推進協会(RUSEA) 京都山城支部

DRONEフライトオペレーター ~レベル4に向けた運用管理講習~は、現在、国が2022年度の実現を目標に進める、無人航空機の有人地帯における
目視外飛行(レベル4)の内容について網羅し、操縦技量の向上と運用に必要なノウハウを習得していただくことを目指した講習プランです。
このようなコンセプトに基づき、新たな講習カリキュラムでは【目視外飛行・自動航行・側面・対面・撮影方法・安全運航管理】についての教習内容
を標準化し、レベル4に対応する人材育成環境を整備します。
また、新型コロナの影響で感染防止の観点から非接触環境が推奨される中、DPCAにおいても座学講習のeラーニング受講環境を整備いたしました。
eラーニングでは動画学習をベースに法律・ルールや申請方法・撮影設定・安全運航管理・運用方法など各項目を10名のインストラクターがわかり
やすく丁寧にレクチャーいたします。このeラーニング環境の整備に伴い、受講者は全国どこからでも、好きな場所、好きな時間にドローンの運用に
必要なノウハウを学習することが可能になります。 今後も受講者にとってより良い講習となる為にできることとは?という視点から我々にできること
を推進してまいります。 ※レベル4とは、「無人航空機の有人地帯における目視外飛行」として、国が実現を目指すものです

スクール概要

DPCA認定 DRONEフライトオペレーター講習

2日間の実技講習を通じてドローン運用に必要な基本的な法律や知識、操縦技術をスクールで学べます。

DRONEフライトオペレータ講習は、初心者の方から経験者の方までを対象に国土交通省航空局が規定する飛行マニュアルにそった「ドローン操縦者育成カリキュラム」 となっております。
この講習会において学科試験及び実技1日目の検定を合格され、すべての基準をクリアされた方は国土交通省への飛行許可審査に活用することが出来る
「技能認証」を発行いたします。


jdic(日本ドローン産業協同体)認定
DPCA 一般社団法人 ドローン撮影クリエイターズ協会
RUSEA 一般社団法人 地域再生・防災ドローン利活推進協会